プロフィール

Mega Free You

Author:Mega Free You
Mega Free ブランドの 企画・製作 を担当してます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

ブロとも一覧

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別

まとめ

Mega Free フカセ 仕掛け

グレ!メガフリーフローターでのフカセ仕掛け

下図が MegaFree のフローターを使用しての、 おすすめの

フカセ仕掛けの基本スタイルです。

当然私はこのスタイルです。

フカセの場合に棚取りする場合や悪天候の場合にはガン玉を

打つこともありますが、先ずノーガンでスタートして下さい。

フローターの浮力は、下図のようになる様に調整して下さい。


水槽フローター3 

水槽フローター2 
上下ともに左側が調整後です。

調整すると  A図のようなフローターと仕掛けの状態になります。
A図
メガフリー ふかせ図 
ハリスの長さは、波止では2m前後、磯では4m前後で

セットしてみて下さい。

全遊動(誘導)仕掛けですので、棚はフリーです。

棚を深くする場合は、フローターを水面に残し、ラインを管から抜け

させて行くことで、棚を深くしてグレ・チヌの喰ってくる棚を探ってい

きます。

私は、ラインコントロールをしながら棚を深くして行きますが、この

方法は少し説明しにくいので、ハリスにガン玉を打つことにより、

棚を深くして行く仕方を説明します。

B図A図の状態にガン玉5号を装着した場合の図解です。

見ても解るように当然浮力ギリギリな状態にガン玉を打つ訳ですか

らフローターは沈んでいきますが、Mega Free のフローターは、

ガン玉5号を着けた状態で黒い栓を外し,中入っています調整ガン

玉・水・海水をB図のフローターのように水面ギリギリになるように

抜いていき調整して下さい。すると↓↓↓↓↓下図のようにガン玉を

着けてもフローターの状態は水面ギリギリで、ラインは抜けやすく

なっていきます

B図
ガン玉5号を打った場合 
しかし水面下の仕掛けの動きは、潮・うねり・風などその時のフィー

ルドの状況でいつも同じようになるとは限りませんので注意。

グレは結構浅い棚でエサ取りに混じって食ってくることが多いの

ですが、少し寒が入りだしたら、エサも取られないことがよくあり、

日は
エサ取りもいないし、グレもいないと諦める人もいると思いま

す。しかし実はもう少し深い所で、大型グレが口を開けエサを待って

います。

この場合は、先ずハリスのガン玉の位置を少しずつ下げていくことで、

少しずつ棚は深くなります。それでもエサが残ってくるようだと、ガン

玉のサイズを少しずつ大きくして、エサ取りにでも付けエサを取られる

所まで深くして行ってください。エサ取りでもアタリだしたら、ここから

いよいよグレに食わせるチャンスです。

今まで以上に僅かずつ棚を深くしていくと、グレは必ずあたってくるは

ずです。当たりだして暫くはこの棚でグレは喰ってきますが、型がもの

たりなければ更に少しずつ棚を深くして行くと、型はサイズアップして

いきます。この後エサだけとられグレがなかなか喰ってこなくなりま

す。これはグレの気まぐれなのか?、棚が浅くなってきた(クロがう

いてきだした)証拠なので、今度は今までとは逆に徐々に浅くしていく

ことで、再度グレのアタリが出てきます。たとえばハリスのガン玉が下

のほうについてる場合にはこのガン玉を50cm単位で上げていくことで

必ず棚は浅くなっていくことを覚えていてください。

浅くする場合・深くする場合もハリスに装着したガン玉を上下する作業

を先ず最初にしていくことが大切です。

只、ガン玉を打つと喰いが悪くなるので出来るだけ打たないという方も

多くいますが、問題ありませんのでご心配なく。

次に何故メガフリーのフローターが良いのかの説明ですが、他のウキで

も上記の説明通りの作業は当然していくとは思いますが、例えば
A図

ように水面ギリギリの状態を、他のメーカーさんのフローター
試してみて

もらえれば解ると思いますが、なかなか出来ないのではと思います。

ではナゼMega Freeのフローターは簡単に出来るのか。

それはB図見て頂くと解ると思いますが、フローターの上部に黒い栓

がついていますが、この栓をねじりながら取ると穴が開いていて、この中

に調整用ガン玉(別売)又は、水・海水を入れることで自由にフローター

本体の浮力を調整出来るようになっているからです。

この調整が出来る事により、普通ならハリスにガン玉を打つ場合や、

ガン玉を増やしていく場合などには何種類かのウキを必要とします。

この付け替えをゴソゴソ・モジモジする間に、チャンスの地合を逃がし

てしまいますが、MegaFreeのフローターならば1個のフローターで、

即対応できるので、せっかくの獲物を釣り逃がすことがなく、結果釣果に

かなりの差が出てきます。

どうでしょうかこの差は大きいと思いませんか。

【オススメ一押しフローター】

KIWAME シリーズ
 
 

 初極 ゼロチヌ イエローフル                 
初極(しょきょく)ゼロチヌWFC1580円  専用調整ガン玉100円
           
               
小粒ながら脅威の遠投性があり5B~ゼロマイナス まで対応で、
チヌ・グレの繊細で手強いアタリにも即反応出来る逸品です。

ウォーターフリーコントロールシステム対応なので、海水・水等をフローター
内部に注入することで浮力調整ができます。又専用ガン玉でのの調整も
可能です。又、両方を併用することで、より微調整ができます。
専用スポイト280円

負荷鉛 0.5号(5B)~ゼロマイナスまで
固定・全遊動・全層沈め釣りの全てが可能なマルチタイプ。
対象魚  : チヌ ・ グレ
材質   : ABS樹脂
外径    :29mm前後
定番カラー イエローフル  オレンジフル

最後に
チヌ
の場合も、同じ仕掛けでグレより更に深めを
探ることで狙えますよ


次回はフカセ釣りから、全層沈め釣り編です。   

Mega Free KEI.

Mega Free   HP は こちらから


 読み終えましたら     にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ クリックお願いします
                   ↑  ↑  ↑  ↑  ↑             


スポンサーサイト

<< モンちゃん鶴見の磯で | ホーム | 大分 津久見の磯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP