プロフィール

Mega Free You

Author:Mega Free You
Mega Free ブランドの 企画・製作 を担当してます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

ブロとも一覧

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別

まとめ

良く釣れる !!。

Mega Free 全遊動フカセ仕掛け説明】 
水槽フローター3 
上図のようにフローター本体に、調整用ガン玉やWFCの

場合は水・海水をフローター本体に入れ、フローター栓が

水面ギリギリまでの調整を必ずして下さい。

ベストな調整の仕方は。  

仕掛け全体のセットアップが終わったら、フローターの中に

少し多めの調整ガン玉、WFCの場合はミズ・海水を入れ、仕掛

けを投入すると、フローターは当然、仕掛けも沈んでいきます。

この状態からガン玉は1個ずつ・ミズ等はさかさまにしてフローター

を軽く振って1滴落とします。フローターの沈むのが止まるまで、

最初のうちは必ず1個・1滴ずつ抜いていき合わせてください。

この調整をいい加減にすると、いい加減な釣果に終わりますが、

しっかり調整すると、間違いなく釣果は良くなります。

調整の仕方で超過の差は大きく変わってきます。

何故かは、これから後の説明の中でお分かりになると思います。

水槽フローター2 
メガフリー ふかせ図
  
仕掛けをセットアップしたイメージ画像です。
 
ラインはフロートタイプを使用することを出来るだけお奨めします。

フロートラインを何故使用するかについては理由がありますので、

次のパートで説明します。

フローターに付いていますサルカンにそのままラインを通し、次に

クッションゴムもしくは、カラマン棒を装着します。

次はローリングスイベルの6号程度をセットします。

次はハリスですが、私の場合は通常1.5号以上を波止だと2m前

後、磯では2号以上を4m前後を使用します。

MegaFreeのフローターであれば充分通用しますのでご安心

下さい。

釣りの常識として細ハリスでないと、喰い悪いと言うことで、磯でも
1.5号でと言う方も結構います、又魚は賢く学習能力が高く、特に
スレたグレは細ハリスでなければ厳しいとも言われています。
この考え方も一理あるとは思いますが、・・魚さん・・分かりません。

最後にグレ針3号の針をつけて終了です。グレの場合は針が細か

いほうが喰いがいいですよ。口の大きなチヌ・マダイなどもやはり

細かいほうが喰いは良いのですが、スッポ抜けが多くなりますので

この場合はチヌ針2号・3号程度を使用して下さい。



余談ですが、ラインは私の場合は、シマノさんのPFフロートタイプ2
号(BB-X)の中空タイプを使用してます。これだとホワイトラインな
ので、ラインの流れかたの視認性が高く、全層沈め釣りには不可欠
なラインなのです。
中空タイプ(ラインの中が空洞)なので、他の撥水剤を塗ってあるフ
ロートタイプと違ってフロート時間の持続性も高く、水洗いするだけ
の手入れでOKです。
その上しなやかなのでラインコントロールがとても操作し易いです。
しかし、切れやすいのでは?と言う指摘もありますが、私が運が
良いのか、気にする切れやすさはあまりないように思います。

フカセ釣りをする場合は、このままの状態で潮に乗せ流してください。

棚を少し浅くする場合は流しながら、ライン出しに少しずつブレーキ

を掛けながら流すと浅棚をキープできます。

この場合には、流れの速さにより出し方は変えてください。

又棚を深くしたい場合は、潮の流れを利用しながらラインコントロール

で深くしていきますが、これは少しハイレベルな技術がいりますので、

簡単なのは、ハリスやラインにガン玉を打つ、ガン玉ワークで棚を深

くしていく方法がやりやすいと思います。

ガン玉をハリスに装着したイメージ画像です。
ガン玉の打ち方 
図のようにノーガンの状態から、ガン玉5号を装着すると少し深く

なります。又1号を装着すると更に深くなります。

どちらの場合も全遊動仕掛けなので、ガン玉を付けたオモリ分

フローター下部のサルカンからラインが抜けて行き、棚が深くなっ

て行きます。ライン抜けを上手くするためには、流れよりも若干早目

に送り出して行くようにして下さい。

問題は、浮力が全くない状態にそれぞれのガン玉を打つわけです
から、当然ガン玉を打った分仕掛けは重たくなるので、フローターは
沈んでいきます。
これでは一種の沈め釣りになりますので、それぞれの状態から
フローター内部の調整ガン玉を1個・1滴ずつ抜いていき、フローター
が海面スレスレになるように浮力調整をして下さい。

この時新たな浮力調整をしなければさきほど述べましたように
沈め釣りになります。この沈め釣りは、特に下層のチヌ・マダイ
等を狙う場合には良いかもしれませんが。

まだまだ上記の説明の中で説明が不十分な箇所がたくさんありま

すが、解らない箇所や、ご不明なとこがありましたらメ~ルをして

お尋ね下さい。 
http://www.megafree.jp/inq/index.html
          ここをクリックして下さい。           

又、フィールドの状況により上記のイメージ通りにいかない場合が

あります。上記を基本としてフィールドに合わせた練習をしっかり

行うようにお願いします。

次回は、

◎マキエの調合・マキエの撒き方・着水ポイントなどマキエについて。

◎Mega Free的 全層沈め釣りについて。

を予定しています。

Mega Free KEI.

Mega Free   HP は こちらから


               にほんブログ村 釣りブログ フカセ釣りへ

スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | 大分 米水津当番瀬 サズリ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP